2010年11月17日水曜日

暗黒神話 ヤマトタケル伝説


 先週、Skypeで友人と語り合っている中、このゲームの話を聞いたので、プレーしてみましたw

 アドベンチャー時々アクション(ボス戦)、という感じのゲーム。アクションモードでの戦闘における敗北に限らず、アドベンチャーモードでも選択肢次第でゲームオーバーになる(死亡する)場合もあるので、バッドエンドや死亡シーンを見るのが大好きな俺はそこそこ楽しめましたが、雰囲気とストーリー以外は、正直言ってクソゲーだと思いますw






 画像の様に、基本はフラグ(右上の本)を集めながら、妙にナレーションが馴れ馴れしいアドベンチャーモードを進めていき、最後にアクションモードでボスを倒してクリア、というのが各章の流れですが…。






 アクションモード(ボス戦)に切り替わるのが唐突。画像は第一章のボスですが、全体的にボスがグロい感じだから、初めて見た時は結構ビビりましたw アドベンチャーモードにおいてフラグをしっかり集めておかないと、戦闘中、被ダメージ量関係無しに途中で倒れて敗北してしまうという仕様。ダメージ覚悟でとにかく連打し続けていれば、大抵は上手くいくので、全体的に難易度はそれほど高くないかと思います。



 このゲームは、30年以上前に週刊少年ジャンプで連載されていた「暗黒神話」が原作だそうなので、せっかくクリアした事だし、後日漫画版の方も、見かけたら楽しんでみようと思います。






 個人的に一番衝撃だったシーン。この後、ファミコンゲームではスウィートホームと並ぶほどのグロ描写が。

 からだが ・・くず・・・・れる・・